■風俗情報:予約の場合は当日に再度チェック

"デリヘルへメール予約をした際には、そのメールに対してのレスポンスの対応スピードが重要となります。
営業時間外の場合には仕方がありませんが、出来る限り返信の早い業者を選ぶようにしましょう。
これから風俗に行ってみよう!と思っているのでしたら、まずはその風俗のホームページを確認してください。
風俗営業取得済みなどと書かれていなければその風俗の利用は避けるべきなのです。
デリヘルの女性は当日急に休んでしまったり、遅刻したりするのは当たり前のものとなっています。
最終的に電話やメールで当日に確認をして、決して料金の前払いはしないようにしてください。
デリヘルのメール予約は前日までの事前予約体制をとっていることが多くなっています。
予約をする時に覚えておきたいのが『女性はきまぐれ』ということであり、出勤日にも休みをとることがあるということです。"



■風俗情報:予約の場合は当日に再度チェックブログ:2021-8-26

オレの実家は食堂を営んでおります。

その昔、親父が経営していたお店に
母がアルバイトとして入ったことをきっかけに結婚…

それから40年近いこれまでの歳月、
業態を何度か変更したものの今は食堂に落ち着き、
家族経営の小さなお店をずっと続けています。

自宅兼職場の小さな空間に
一日中一緒にいる親父と母は、
人もうらやむラブラブカップルというわけではないけれど、
くちも利かないくらい険悪というわけでもない…

でも、夫婦喧嘩は日常茶飯事で、
時々は食器が飛び交い、深夜に大声が響き渡ることも…
そんな、下町にありがちな夫婦です。

今から二年前のある日、
オレが職場から家に帰ると、不穏な空気が家中に充満していました。

夫婦喧嘩はいつものことだけど、
その日は少し様子が違うようだったので、
とりあえず、喧嘩して興奮している2人の間に入り、
話を聞くことにしました。

話を要約すると
この不景気の中、もっとがんばらなきゃだめなのに、
母が協力的ではないと、親父の怒りが爆発した様子。

その中で「店をたたむ」「生か死か」という話にまでなり、
それが不穏な空気の正体のようでした。

話すうちにどんどん感情的になり、激高する親父。
親父の怒りが収まるのをダンマリを続けて待つ母。

2人の間に入りながら、オレ自身は、
「小さいときからこうやって両親の喧嘩の仲裁してたな…」
「夫婦喧嘩は犬も食わない…っていうけど、
娘が食べてもだめなものだったんだなぁ…」
というようなことを感じていました。

その日は3人で話し合い、
「みんなで協力しあっていこうよ」と納得しあって終了。

オレは会社勤めなので、
PCでのメニュー作りなど外部的なサポートをすることに…